欲浴

欲浴
唄:音街ウナ 編集:吹雪
揺れる感情 この惨状
虚しさと苦悩の独壇場
生きる意味とか知りたくて
測る真価と貼られる値札
ぱっと散って畢わっていく
無常だ非情だそんなもんだ
好きに生きても良いでしょう?
どうせいつか消える灯だし
好きにさせて 好きにさせて
好きに生きていたいだけ
嫌な事が 嫌な物が
喉元巻き付いて鳴いてく
はいはい、それが干渉ね
余計なことしないでよ
散々ここで泣いたって
助けてくんないんでしょう?
燦然とした理想が また私を呼んでいる
垂れる前腕に 妄想の咬傷 誰の声?
放つ言葉が悴かじかんだ
届かぬ想いに踏む地団駄
“所詮伝わらない”なんて
その閉じた心の口先で断定
無理に生きて 無理に生きて
時に死んでみたいだけ
向けられてる 蔑みとか嘲笑が
巻き付いて鳴いてく
粉砕された心情を拾い集めたいだけ
絶対戻らないなんて
貴方も分かんでしょう?
胸中絞る感情が 頬を伝って落ちていく
細る精神と 限界の薄氷 渡りゆく
それを弱さだと履き違えてんだって
伝えることすら怖くなるんだって
“くだらない”なんて抱えた想いが
弾けて弾けて 朱色に染まっていく
「はいはい、それが干渉ね。余計なことしないでよ」
バイバイ それじゃ来世って手を振る仕草で
相反してる感情に 気付いて欲しいんだって!
散々泣いた両頬に 光が当たるなら
心に浮かんだ想いを 掬ってみせるから
その水面みなもに映る 私の言葉を確かめて
いつまでも浴び続ける様に ずっと叶えて欲しい
終わり
00:00
03:40