1,000,000 TIMES

作曲 : Nob
遠い宇宙の星 平衡したまま 同じ夜を 願いながら見上げた
全てを繋ぐ線が 音を立てて崩れて 深く交ざり合う程に 夜明けを望んでいる
道なき道を進んでいた
声なき声を頼りにして
名もなき詩を響かせた
本当の祈りに 今 手を伸ばしてる
愚かしく麗しい人生が 息苦しくても
目標は 高ければ 高いほど 乗り越える意味があるから
1000000/1 でも「夢」が叶うなら
僕は 何度でも 何度でも 闘い続けていくから
主役がいなきゃ始まらないよ
勝負をつけなきゃ終われないよ
「僕」と「君」の物語には
「誰」も「何」も言えやしないよ
ありきたりな世界を かたやぶりな世界へと 変えれる
一人じゃないから
真っ直ぐな道を 進む時さえ 不安だけは 消えずに付き纏ってた
何時の間にか外から 心を固く閉ざし 自分さえも忘れて 誓いを破っていた
渇いた嗤いを浮かべて
滲んだ涙を飲み干した
歪んだ想いを伝えたい
このまま失いそうだから…
狂おしく美しい絶望に 包み込まれても
未来が 暗ければ 暗いほど 辛く迷う日もあるけど
100億年も前から 「光」はあるから
僕は 最後まで 最後まで 希望を捨てずにいるんだ
真実は弱く儚くて 虚偽は強く蝕むの
「君」と「僕」の結末なんて
「白」か「黒」じゃ決められないよ
ありふれてる奇跡や まちうけてる運命でも 変わらない
一つじゃないから
一人で 交わして
二人で 合わせた
あの日の 約束を 果たして…
愚かしく麗しい人生が 息苦しくても
目標は 高ければ 高いほど 乗り越える意味があるから
1000000/1 でも「夢」が叶うなら
僕は 何度でも 何度でも 闘い続けていくから
主役がいなきゃ始まらないよ
勝負をつけなきゃ終われないよ
「僕」と「君」の物語には
「誰」も「何」も言えやしないよ
ありきたりな世界を かたやぶりな世界へと 変えれる
一人じゃないから
00:00
05:15