icicles

呼んでる 街の灯りがほら
一つ二つ降り積もる雪の中
眺めながら秘めた心一つ
ぼんやり紛れていく
すぐ定まらないピントには
冷たく凍てつくような愛を
霙だって威張ってた今日も
募りずっと抱いてた想いも
明日は部屋の隅っこへと
乾いた息と色たちは
嗤いながら顔を塞いだ
深く考えすぎた昨日の
言いたかった言葉だけ丁度
つっかえて途切れる
想像線で勝手立ち止まって
硝子みたいな壁張って躊躇
中途半端また嫌気が差すなら
最後 後の祭りさ
寂しさにさよなら
愛しさが
呼んでる 街を白く染めた
雪と肌を優しく触れた君の
透き通った手に零る涙一つ
静かに流れていく
虚勢を張る嘘の間
孤独だけが道を塞いだ
紡ぐ感動は偉そうに
腹に這って届かない
歯痒さと向い立ったまま
泣いてるなんて恥ずかしいの
ただ待ってる時だけ虚しいよ
翳る嘲笑と暖かい笑顔の
区別もつかないよ
たちまち凍って仕舞わぬよう
劈く胸の音
想像でして心情と相まって
文面砕いた言葉で愁傷
ツートン 街が色めいたら
破り捨てよう 後の話は
忘れていたいから
気持ちだけが熟れる
間違いだらけでは憂きも
嫌だも声に出せない夜に
思い為して籠る瞼一つ
視界が霞んでいく
ただ一言で
ただその手紙で
会える気がするのは
呼んでる あの日の君がほら
一つ止まず変わらず降りしきる冬に
頬を赤く染めた雪と笑顔
静かに溢れている
00:00
04:29