夜が明ける

眠れなくても 夜は明ける
それを僕は 眺めている
代わり映えのない 白い壁に
朝日は射す 時計も進む
君と生きた あの季節から
一歩ずつ僕だけが 遠ざかるような
このまま夜の中を漂って
いたいな
眠れなくても 夜は明ける
それを僕は 眺めている
変わってくこと 終わってくこと
始まってくこと
君がいなくても生きてゆける
それが僕は ねぇ悲しい
ほらもうすぐ 夜が明ける
夜が明ける
春に咲いて 秋に枯れる
それでも何度でも また芽を出すと
これまでじゃなく
これからだよって
分かってる
眠れなくても 夜は明ける
繋いだ手も やがて離れる
途方に暮れて 泣き喚いても
やがて泣き止む
君がいなくても 生きてゆけるけど
愛されなくても 君に会いたい
ほらもうすぐ 夜が明ける
夜が明ける
まだ誰も叶うかわからぬ願いを
人は希望と呼ぶ
君がいなくても 夜は明ける
離れた手も やがてまた繋ぐ
長い夜の果てに人は光を知る
だから怖くても 生きて行ける
陽が昇れば また歩き出す
ほらもうすぐ 夜が明ける
だから大丈夫
ほらもうすぐ ほらすぐそこ
夜が明ける
00:00
04:41