Memento

繰り返す時を
刻む悲劇を
抱いて
また始めよう
震える心は
悲しみを予感してる
弱いままの自分
逃げ場はもうないの
いつかこの雪も
止むなら
傷つく覚悟と
君の言葉握る
何度でも
ドアを閉じた記憶を
叩いて 叩いて
凍て付いた
涙溶かすものなら
その優しさ
何度でも
明日を夢見ることを
捨てたりしないで
塞がれた道が 命の跡が
続きますように
微かな希望を 灯して
静寂の闇を 深く降りゆく
彼方に浮かんだ
懐かしいその笑顔に
胸は軋み出す
泣き叫んでるように
いつまでも
今も癒えない罪を
遠ざけて隠した
愛しくて どうして
大切なほど 忘れたくて
いつまでも
何も変わらぬ無垢で 幼い心は
力なきあの日 凍えたままで
ずっと待ってる
過去も いまも 未来も
きっと すべては出会う
離れ離れと
自分もここで
何度でも
ドアを閉じた記憶を
何度でも
明日を夢見ることを
何度でも
ドアを閉じた記憶を
叩いて 叩いて
凍て付いた
涙溶かすものなら
その優しさ
何度でも
明日を夢見ることを
捨てたりしないで
塞がれた道が 命の跡が
続きますように
繰り返す 繰り返す
悲劇をいくつ越えても
また戻る また戻る
弱いままの自分
探してる 探してる
本当の希望だけを
砕かれる 砕かれる
すべてがゼロになるまで
繰り返す 繰り返す
悲劇をいくつ越えても
探してる 探してる
本当の希望だけを
00:00
05:04