ナイトオウル

逸れて集り出す夜の群れ
今だ、何もかもを捨て去れ
少し寂しいからがムをくれ
清潔な道を汚した
空高くそびえるビルの群れ
「止まれ」鳥達を掻い潜れ
りつだってしてたい親離れ
ここだって退屈しのぎ
代わり映えのしない馬鹿の群れ
どうか、邪魔だけは遠ざけて
少し足りないけと墓地へ行け
誰にも見つかんないように
缶ッジごときに意味なんか無いさ
そのゴミで何を誇るんだ?
清潔な道だけを選んで
汚れた自分を誇るんだ
逸れていたいのか群れていたいのか
どっちかハッキリとしないな
逸れてみたいのが僕の憂い 今だけは
ナイトオウル それが僕らの合言葉
この街の中、先生にも見つからないように
踏み付けたいこの気持ちは
お前には分からないはずだろ?
ナイトオウル それで僕ら見つけたら
この街の中、なんだっていいと喚くんだ
さよなら出来ない、年甲斐もない
帰る場所を捨てたいな、馬鹿だろう?
忘れてたこと思い出した池袋の空の下
よどみない姿摇らしては始発を待ってた
誰かに映る姿はダサい奴なんだろうな
誰しもこんなだろうな どうにもこうにも
凄んでみても逃げるように 西口を目指した
気付かれねように息殺して 大好きな歌歌った
誰かが分かるだろうか? 仮面を外した姿
今日も定まらないんだ 絵でも描こうかな
ナイトオウル それが僕らの合言葉
この街の中、先生にも見つからないように
踏み付けたいこの気持ちは
お前には分からないはずだろ?
ナイトオウル それで僕ら見つけたら
この街の中、なんだっていいと喚くんだ
さよなら出来ない、年甲斐もない
帰る場所を捨てたいな、馬鹿だろう?
00:00
03:33