君に会えた日

この世界で君に会えた日から 輝きはじめてる
ひとつひとつ叶えていけるかな そばにいて
何処にいても見えない 未来なんてもっと退屈な日帰り
とっておきの場所で 一緒に隠れた日差し揺れて
あと少しの距離を 待ち望んでいるの
いつだってもどかしいよ 離れないで
この世界に君がいてくれる道は 不思議と好きになる
さり気なくてゆらゆら胸の奥 閉じ込めたまま
どんなに巡っても まだ知らない君が溢れるのに
並んで歩く度 淡く色づいた感覚がして
あくびしてる横で 尖らせた口元
いつまでも覚えてたいの 僅かな瞬間まで
この世界で君に会えた日から 輝きはじめてる
ひとつひとつ叶えていけるかな 新しい風が吹く度に
眠れないくらい零れ落ちてもきっと
踏み出したんだ 駆け抜けたいよ 真っ直ぐな空二人で
この世界に君がいてくれる道は 不思議と好きになる
さり気なくてゆらゆら胸の奥 閉じ込めたまま(そっと手を繋いだ)
00:00
02:57