着火

「着火」
午後三時目を覚ます
無駄にした時間と害の無い現状に
もう全部全部嫌になる
一本吸ってガムを噛み吐き捨てて
今日が終わっていく倦怠感に
右往左往して気づきゃgood night
顔面照らすライト of iPhone
画面にはタップ稼ぐための両極論
もうホントホント嫌になる
人生だってこの時の引き延ばし
あっという間に終わってしまうんだって
ふと気づいた瞬間
分かってどうか僕の事を
叫んでいるんだ僕はここだ
黙って泣いて誤魔化す
なんて真似ばっかだけど
あの日灯ったハートの火と
侮辱と揶揄の雨の中に
投げ捨てたメンソールの火は
まだ燃えてるんだ
飲み切った缶ですら
僅かでも灰皿に成り代わる程度の
価値があるのだから
堕落した僕ですら
少しでも輝ける様な瞬間が
あるというのならば
ねぇ確かに夢や青春なんてのは一過性のもので
過ぎ去ってしまったら平熱の毎日だけど
頭の中で怒鳴ってるあのヤンキーの声が
もう切っても切っても鳴り止まない
笑ってどうか僕の事を
聞こえていますか僕はここだ
黙っていたって伝わる
なんて訳ないんだからさ
正しいピックの握り方も
理屈もコードも何も知らず
鳴らしたあのサステインは
まだ続いてんだ
待ってんの 黙ってんの
大人しく声を殺してんの
ねぇ待ってんの 黙ってんの
何もせずただただ待ってんの
いや分かってんだ分かってんだ
終わりは刻刻迫ってんだ
じゃあどうすんだ 分かってんだ
死ぬまでに間に合え
歌っていくんだ 僕はここで
憂や後悔 全部乗せて
思い描いたみたいに
カッコよくないけど
分かってどうか 僕の事を
叫んでいるんだ 僕はここだ
黙って泣いて誤魔化す
なんて真似もうしないさ
あの日捨てたメンソールの箱を
ゴミん中から見つけて出して
残った一本に火をつけて
今始めるんだ
00:00
03:09