心海

作曲 : Eve
幾星霜 期待もないようなふりをした
恥ずかし気にでもわかってる
というだけど
双曲線交わらないでいた
何もわからぬまま 潜っては深く
息も吸えないで
微睡む白んだ光が僕を呼んだ
手を伸ばしてくれるなら
ああ心はまだ応えられないまま
深い海凪いでは 理想描いた今
ただ痛いほど願って 忘れはしないから
ああこのまま立ち止まってしまったら
涙の味でさえ知らないままだったな
君と笑って
空想上の世界を泳いでみたい
黄昏の陽には 思い出が
流れ落ちた
消極的希望のないような口ぶりで
明日を見上げる空困ったな
未来に縋ることさえも
見紛うくらいの煌めく声が覗いた
傷だらけの夢だけど
鼓動は速く ざわめいていた
心海の果てに鳴る音が
確かに生きた 君との証なら
きっと探していた 零れそうな 呼ぶ声が
今いくと
ああ心はまだ応えられないまま
深い海凪いでは 理想描いた今
ただ痛いほど願って 忘れはしないから
ああこのまま立ち止まってしまったら
涙の味でさえ知らないままだったな
君と笑って
00:00
04:24