蒼のワルツ

雲が残る合間 ただ太陽を見ていた
おざなりな僕ら 溢れだした声が
ただ大切な事は 伝わらないようにできてた
かたちのない色味を 抱きしめてみたの
期待と不安の日々を 後悔の味で知った
知らない世界へ 手を伸ばしたくて
強がりのウソなど ポケットにしまった
優しさを包む痛みも全部
覚えていたくて
ただ願って願って 生まれ変わっても
不確かな未来を謳っては触れたくて
伝って伝って頬を流れる
その淚の味はいつかの約束
ただ灰になって 朧げになって
遠く何処かへこの夜を越えて蒼に染まる
夜もすがら夢を 張り巡らした想いを
見つからないまま 月は影を落とした
寝もやらず明けて 手も離せなくて
憧れる君を 遠ざけてしまった
あの日の僕の眼差しも全部
霞んでしまって
ただ痛くて痛くて 堪らない
空の青さは深く色を孕んでは冷たくて
伝って伝って 寄せ合う肩を
震わせた微かな温もりを抱いては
まだ見ぬ世界へ 花は風を待って
遠く何処かへ この夜を越えて蒼に染まる
犯してきた過ちも その後悔さえも
かけがえのないものだから
ただ願って願って 生まれ変わっても
不確かな未来を謳っては触れたくて
伝って伝って 頬を流れる
その涙の味は いつかの約束
ただ灰になって 朧げになって
遠く何処かへこの夜を越えて蒼に染まる
00:00
04:37