衝撃

取り残された世界
羽撃けるなら彼に伝えて
羽根を焦がす無数の鳥が
灰を散らし安らぎ笑う
誰か散らせ
僕がここに居たという証も
骨はどうせ砂と化して消えるのに
呑まれて踏まれた仲間の声
終わりにできない理由が
僕らの背中を突き立てる
螺旋の中を逃げ果せば
彼は昇り私は降る
柱を光で埋める月光が
微かな記憶を照らした
彼を探しているようだ
「あの小説の中で集まろう」
導く声は空耳の様
漂う海
これはあなたが始めた物語だから
羽根を焦がす無数の鳥が
灰を散らし安らぎ笑う
誰か散らせ
僕がここに居たという証も
骨はどうせ砂と化して消えるのに
骨はどうせ砂と化して消えるのに
生きてる
00:00
03:01