命の帳

その理由を伝えてきて
胸もとへもふとももへも宿してよ
あなたの本音
ただ少し冷えたからとか
漠とした虚しさとか
生温い皮膚の合わさる継ぎ目から
受け取っているんだ
しかし自分の欲しい答えなんて
いつも一つだけだった
誰かの肌へ触れるのは
あなた独自のランキング首位を
知らせる術目的はそう絞ってよ
僕を一位に選んでいると、
無言に込めて欲しい
じゃなきゃ二度と触んないで
生きているって危なっかしくって
どの道擦り減って傷付け合う同士
ならばもっと慈しみ合っていたい
いま あなたへ触れる指は
宇宙一と伝えているよ
00:00
03:38