陽炎

貴方はきっと知らないでしょう
夜明けに目覚めた私が
どんな風にどんな想いで
もう一度目を閉じたのか
私はきっと知らないでしょう
貴方がすぼめていた肩に
どんな物がのしかかっていて
何故ため息ついたのか
ドアを閉める小さな音が
今でも響いてる
ああ、さよならだね
私たちずっと一緒にいられる
そう思って歩いてたあの日
ああ、さよならだね
白くて小さい花が咲いた
貴方が私の名前を呼んだとき
この胸の中で
恥ずかしそうに揺れていた
大切なものはお互い
あの日と変わったよね
ああ、諦めよう
私たちそう思うことだけが
愛と呼べるかもしれない
ああ、さよならはきっと
変わっていく貴方じゃなくて
変わらない貴方を
抱きしめられないことね
ああ、さよならだと
分かっていたのに今になって
どうして苦しくなるの
ああ、今更思い出してるのは
ああ、あの日の夜
蜉蝣(かげろう)の定めのように
出会って
消えそうな命ごと貴方が
抱いてくれたこと
でも、さよならだね
00:00
04:15