silent

全て奪われていった
「こんなに静かだ」と
閉じ込めた言葉も
聞こえてしまいそう
雑音の中あなたの声だけ
心に解けていく
まるでミルクをこぼしたような
そんな夜
空を見上げて一人呟いた
消えてほしいような言葉だけ
だけど心の音だけは
この雪も奪えない
クリスマスなんて無ければ
いつも通りの
何にも変わらない夜なのに
聖なる旋律は雪に溶けて
自分の鼓動が響いてる
夜を泳ぐように過ごした
あの瞬間を
このスノードームみたいに
閉じ込められたら
見えない星に願いを込めて
音が無くなった夜に
体温で溶ける雪の結晶
触れることが出来ない
あなたは
私の知らない時間の中にいる
凍える身体 力を抜いたら
震えが少し収まった
でもそれは刹那 無意識のうちに
身体が強ばっていく
こんな真っ白な世界の中にいたら
自分だけちょっと汚れてるみたい
静寂の音がうるさくて
今夜はきっと眠れない
時を奏でるように寄り添った
煌めきだとしても
目を閉じると望んでもいないのに
思い出してしまう
この降り積もる雪はやっぱり
あなたと見たかったな
純白の雪が降る
降るなら積もってね
汚くなるだけだから
そんなことを思った私は
どんな顔してた?
クリスマスなんて無ければ
いつも通りの
何にも変わらない夜なのに
聖なる旋律は雪に溶けて
自分の鼓動が響いてる
夜を泳ぐように過ごした
あの瞬間を
このスノードームみたいに
閉じ込められたら
見えない星に願いを込めて
音が無くなった夜に
00:00
05:10