バードマン

飛べない鳥の名前が
こんな僕の
始まりによく似合うな
電線に止まった鳥たちは今
五線譜の上の
音符みたいに空を駆ける
一方この僕が 得するのは三文
羽のない背中
丸めて溜め息吐いた
分かってる そう言いたくなる
無人のベンチで
おはよう Early Bird
頑張れたらそうしたいよ
こんな所で 道草食ってるけど
何で 今
容赦もなく
始まった今日は こんなに眩しいんだ
ただ上手くいかない その時感じる
甘えてるとか怠けてるなんて匿名の視線
そんなの誰だって 望んでないし
どっちか選べるなら空飛べる方になりたい
分かってる そう言いたくなる
無人のベンチで
おはよう Early bird
頑張れたらそうしたいよ
こんな所で 燻ってばっかだけど
何で今
容赦もなく
始まった今日は こんなに眩しいんだ
今日も何も出来ない
そんな日がまた終わっていく
でもきっと 明日は ああ
Early bird
最悪だった昨日も
あんな酷い 想いをしたあの日も
きっと今日の
為だったんだと
言える準備は
いつでもしておくから
おはよう Early bird
何も寝てた訳じゃないさ
どんな日々も 何とか繋げてきたから
きっと今
容赦もなく
始まった今日が
こんなに愛しいんだ
こんなに眩しいんだ
こんなに愛しいんだ
00:00
04:11