世界は美しいはずなんだ

作曲 : 大木 伸夫
鳴り止まない深夜のサイレン
耳を塞いで眠れないまま
どこかで誰かが泣こうと
僕の知った事じゃないのさ
違う 違うんだ
そんな事を
歌いたい訳じゃないのに
半透明な僕たちは
明日ですらすり抜けてしまう
カーテンを開けても真っ黒な闇だけ
君と描いた夢を
まだ抱えたまま夜に溶けてゆく
世界は美しいはずなんだって
僕らは美しいはずなんだって
誰かが歌っていた
そんな言葉は信じないさ
僕らは笑っていたいだけさ
僕は愛を知りたいだけさ
窓の向こう側
星が一つ輝いていた
君が笑った顔を少しだけ
思い出したんだ
海の向こうの国では
子供達がゴミと捨てられて
何もできないままで
また一日が過ぎてゆくだけ
最終章の生命は
僕らを許してくれるのかな
震えた36℃の生命を
あの銃もあの花も最初は一つだったんだ
消えないで 消えないで
僕らを残して
夜が明けてゆく
世界は美しいはずなんだって
未来は美しいはずなんだって
誰かが歌っていた
そんな言葉を信じたいんだ
朝焼けの空に泣いていたんだ
光は僕を照らしていたんだ
失った日々を
愛で包み始めていたんだ
明け残った星に届くまで手を伸ばしたんだ
君が笑った顔をいつまでも
忘れないように
00:00
03:46