愚者に创られた暗の娘

君が触れた薔薇は
その姿に羞恥を知り
虚しく枯れ逝くだろう
私の最高傑作
愛しい娘よ
ベルベットのドレス纏い
高貴なる微笑 闇の城の中
白い肌を潤す血が
夢と現実の狭間へと誘うの
神の狭き門などいらない
欲しいのは妖しく輝く少女
殺戮の女神となって
私は奴隷に堕ちるだろう
ねぇ 玩具の首が転がって行くよあぁ 狂気の恋が満ちて行くよ
暗い階段を大きく跳ねる正しい物など何も無い世界♂
全てパパが教えてくれた全ては私が与えた
どう抉るのかもどう抉るのかも
悦び詠うのかも悦び詠うのかも
遠い意識の中にある
蒼い空と優しく吹く風と
眩しい光の咲く庭
涙が頬伝い零れる
これは何?
このり:
何も考え無くていいから
君は只、思う侭に振舞え
何時か罪だと気が付けば
狂い動けなく成るだろう?
ねぇ 漆黒のベールが部屋に満ちあぁ 鎖を掛けた扉の中
甘い香りが体支配する今夜も魔を焚き生贄を呼ぶ
全てパパが奪って行った全て私が与えよう
悲しい記憶も髪飾る薔薇も
祈りの十字架さえも赦しのレクイエムも
ベルベットのドレス纏い
高貴なる微笑 闇の檻の中
白い肌を潤す血が
私の心を躍らせる
神の断罪など怖くない
欲しいのは妖しく輝く少女
殺戮の女神となって
私は奴隷に堕ちるだろう
ねぇ 誰かの首が転がって行くよあぁ 狂気の恋が満ちて行くよ
暗い階段を大きく跳ねる正しい物など何も無い世界
全てパパが教えてくれた全ては私が与えた
どう抉るのかもどう抉るのかも
悦び詠うのかも悦び詠うのかも
00:00
03:52