この恋おいらのからまわり

もどっていいよ
強(つよ)がりじゃない
あいつのところへさ
おいらはいいよ
なぐさめ役(やく)で
通(とお)した恋(こい)だった
別(わか)れたばかりの 重(おも)い荷物(にもつ)を
しょったおまえを
駆(か)け足(あし)で引(ひ)きずり
連(つ)れだそうとしたおいら
力(ちから)まかせに愛(あい)したけれども
影(かけ)は消(き)えず
この恋(こい)おいらのからまわり
寒(さむ)がらないで
帰(かえ)ってゆけよ
裸身(はだか)のまんまで
きっとあいつも
おまえのこと
待(ま)ってるはずだから
おいらはいつでも
おまえの前(まえ)では
陽気(ようき)に振舞(ふるま)い
おまえが笑(わら)えば
それで満足(まんぞく)していた
おいらの心(こころ)で
傷(きず)が癒(い)えればと思(おも)っていたが
この恋(こい)おいらのからまわり
おいらはいいよ
傷(きず)はそんなに
深(ふか)くはないから
おまえがおいら
いたわることが
なおさらみじめにさせる
別(わか)れたばかりの 重(おも)い荷物(にもつ)を
しょったおまえを
駆(か)け足(あし)で引(ひ)きずり
連(つ)れだそうとしたおいら
力(ちから)まかせに愛(あい)したけれども
影(かけ)は消(き)えず
この恋(こい)おいらのからまわり
力(ちから)まかせに愛(あい)したけれども
影(かけ)は消(き)えず
この恋(こい)おいらのからまわり
The End
00:00
05:10