サマーブリーズにのって

作词 :AI
青い空の下
世界中でたった一つの
君と三度目の夏
これから始まる
どこまでもつづく
きらめく海が音を立てる
少し照れた瞳から
いくつもの「好き」見つけたよ
突然抱き寄せられた腕に
去年の夏と違う君の優しさ感じた
ブルーのシャツと水着が似合う
小麦色した素肌二人の夏色
もっと側にいて
ワガママなのかな?
「さよなら」言わさない
このまま魔法にかけたい
夕暮れの浜辺
雲に乗ってどこかの島へ
おとぎ話みたいに旅して行きたい
空からの天使
夢のような恋をくれたね
落とした白い貝殻
君のポケットにあったよ
二つの泳ぎ疲れた体
寝そべった砂浜にイタズラな笑顔
なぜか思い出す
君と出会った日
言葉に出来ないよ
涙が思わずあふれた
太陽見つめて
ちよっと遠回りでドライブ
たそがれ夕日キラリ
一つこぼれたKiss
真夏の星座が
届きそうな空に溶けていく
君も見つめてるのかな?
ずっと前向きの未来を
泣き虫だったね
君と出会ってから変わった
神様にもわからない
宇宙一の恋
100年経っても
今のまま一緒にいたいね
二人でいたこの海は
いつまでもつづいているから…
00:00
05:20