ドラマで始まる恋なのに

あんなに大きなドラマで始まる恋なのに
时间(とき)のうつろいは梦を待てない
嘘でもいいからあの日の二人に归りたい
雨の音さえも何故につれないそぶり
可爱い睫毛の先まで恋焦がれてた
もう一度だけ口づけして
心醉わせた女性(ひと)よ
あの夏の恋が想い出にかわる
惨めになる程 泪でいっぱい
サヨナラはいつも言叶にならない
爱无き子供のような慕情
死ぬ程爱してせつない言叶で抱きしめて
愿い叶うなら空の果てまで
ごめんよ本当は世界で一番好きなのに
それが言えなくて泪溢れるばかり
指折り数えた星さえ渗んで消えた
遥か远く小船のように
面影だけが摇れる
あの夏の恋が想い出にかわる
海啼くカモメは应えてくれない
サヨナラはいつも言叶にならない
冻える枯叶のような无情
秋の夜更けは哀しく
最后のキッスは永远だから
これ以上恋に溺れない
あの日见た空がまぼろしにかわる
苦くて淋しい泪でいっぱい
サヨナラはいつも言叶にならない
爱无き子供のような慕情
00:00
05:34