春よ、来い

淡(あわ)き
光(ひかり)立(た)つ
俄(にわか)雨(あめ)
いとしい面影(おもかげ)の
沈丁花(ちんちょうげ)
溢(あふ)るる涙(なみだ)の
蕾(つぼみ)から
ひとつ ひとつ
香(かお)り始(はじ)める
それは それは
空(そら)を超(こ)えて
やがて やがて
迎(むか)えに来(く)る
春よ
遠(とお)き春よ
瞼(まぶた)閉(と)じれば
そこに
愛をくれし君の
懐(なつ)かしき
声(こえ)がする
君に預(あず)けし
我(わ)が心
今でも返事(へんじ)を
待(ま)っています
どれほど
月日(つきひ)が
流(なが)れても
ずっと ずっと
待っています
それは それは
明日(あす)を超えて
いつか いつか
きっと届(とど)く
春よ
まだ見ぬ春
迷(まよ)い
立(た)ち止(と)まる時
夢をくれし君の
眼差(まなざ)しが
肩(かた)を抱(だ)く
夢よ 浅き夢よ
私はここにいます
君を想いながら
ひとり歩(ある)いています
流(なが)るる
雨のごと(如)く
流(なが)るる
花(はな)のごと(如)く
春よ
遠(とお)き春よ
瞼(まぶた)閉(と)じれば
そこに
愛をくれし君の
懐(なつ)かしき
声(こえ)がする
春よ
まだ見ぬ春
迷(まよ)い
立(た)ち止(と)まる時
夢をくれし君の
眼差(まなざ)しが
肩(かた)を抱(だ)く
春よ
遠(とお)き春よ
瞼(まぶた)閉(と)じれば
そこに
愛をくれし君の
懐(なつ)かしき
声(こえ)がする
春よ
まだ見ぬ春
迷(まよ)い
立(た)ち止(と)まる時
00:00
04:48