见覚えのある レインコート
黄昏の駅で 胸が震えた
はやい足どり まぎれもなく
昔爱してた あの人なのね
懐かしさの一歩手前で
こみあげる 苦い思い出に
言叶がとても 见つからないわ
「あなたがいなくても こうして」
「元気で暮らしていることを」
さり気なく 告げたかったのに…
二年の时が 変えたものは
彼のまなざしと 私のこの髪
それぞれに待つ人のもとへ
戻ってゆくのね 気づきもせずに
ひとつ隣の车輌に乗り
うつむく横颜 见ていたら
思わず涙 あふれてきそう
今になって あなたの気持ち
初めてわかるの 痛いほど
私だけ 爱してたことも
ラッシュの人波にのまれて
消えてゆく 后ろ姿が
やけに哀しく 心に残る
改札口を出る顷には
雨もやみかけた この街に
ありふれた夜が やって来る
00:00
05:00