言えないよ

笑い过ぎたきみが涙
细い指でぬぐってる
その笑颜に逢いたくて仆はおどけるのさ
もう 全部かくさずに打ち明けようと
なんどもしたけれど
言えないよ 好きだなんて
谁よりもきみが近すぎて
悲しいよ 梦だなんて
きみに届きそうなくちびるがほら空回り
ひとつ前の恋の话
いつか仆に话したね
安心して頼られるたびに
弱気になる
ああ きみをだれかにね
さらわれたなら 耐えられないくせに
言えないよ 好きだなんて
谁よりもきみが近すぎて
言えないよ 恋だなんて
お互いを知らない
季节に时计(とき)を戻せたら
きみをキライになる理由を
100まで数えるけど
ひとりぼっちの夜が来ると
强がりまで振り出しさ
言えないよ 好きだなんて
谁よりもきみが近すぎて
悲しいよ 梦だなんて
きみに届きそうな
くちびるがほら空回り
言えないよ 好きだなんて
谁よりもきみが近すぎて
逢いたいよ 今日もひとり
瞳がきみのこと
抱きしめるから 眠れない
00:00
05:01