太陽がいっぱい

*No Scroll*
幾千分もの奇跡をこえて 巡りあった夢
君にしか 話したくない
これから そこまで 泳いで 瞳をさらいにゆくのさ
その髪に その指に 太陽がいっぱい
言いかけた言葉 無理に飲みこむくせ
いつから きみは覚えたの
みんな いつだって 自分にせいいっぱい
すねてちゃ 何もおこらない
水着をほどいたら 砂がこぼれてく
まぶたのオレンジ 弾ませてごらん
幾千分もの奇跡をこえて 巡りあった夢
君にしか わかりあえない
今すぐ そこまで 泳いで 瞳をさらいにゆくのさ
この夏に この時代に 太陽がいっぱい
はにかむくちびる かくして大人のふり
良くない 君は笑ってて
サンダルにコイン ツキはぼくが選ぶ
未来はいつも てのひらさ
くるぶしに光ってる 砂がまぶしいから
まぶたの オレンジ 弾ませてごらん
幾千分もの奇跡をこえて 巡りあった夢
君にしか 伝えたくない
まつげにとまった光を 風がさらってゆくのさ
この夏に この時代に 太陽がいっぱい
きみに ぼくに 始まるよ
こんな気持ち 初めてさ
だれも だれも 止められない
きみに ぼくに 始まるよ
こんな気持ち 初めてさ
だれも だれも 止められない
ラララ…
太陽がいっぱい
幾千分もの奇跡をこえて 巡りあった夢
君しか 話したくない
これから そこまで 泳いで 瞳をさらいゆくのさ
その髪に その指に 太陽がいっぱい
00:00
05:21