<ボイスドラマ>放課後トーーク!男子編

も:うわぁ~。 あっつい~。
優:はい、もち太罰金。
も:えっ!本気でお金とる気だったの?!
優:当たり前だろ?
言えば言うほど暑くなるから、禁止したのに。
春:でって~ん。 優もアウト~。
優:はぁ?
春:とぼけんなって、今‘‘暑い‘‘って言っただろ?
優:そーゆー春輝も罰金な。
春:うぅ、しまった!俺とした事が~
この暑さで脳みそがやられたんだな。
優:だよな、全てはこの暑さが……
も:あのさ、二人とも突っ込み待ちだったりする?
春・優:わかってるなら早くしろよ。
も:理不尽!!
春:にしても、ホントに~……あれだ。
撮影期間はともかく、
編集に入ったら、ほとんど室内作業だぞ?
今年は真面目にやばくね?
も:だよねぇ~……
あっ!こないだのコンペの賞金は?
もう残ってないかな?
春:優、どうなってる?買ってもいいよな?な?
優:新しい編集ソフトが欲しいって、ごねた人。
挙手してくださ~い。
春:はい……
も:ま、まぁ、必要経費だし。
それに編集ソフトだけで
使い切っちゃった訳じゃないでしょ?
優:資料の名目で、
コント番組のDVD.BOX買った人。
挙手して下さ~い。
も:は、はい……
春:くそ……
こうなったら、肝試しするしか……
も:なんで、その一択?!
優:そういえば、
雛もそんなこと言ってたな。
夏休みに有志で集まって学園七不思議を
コンプリートするとか、なんとか……
春:七不思議ぃ?
うちの学校にあるか?
優:さぁ。雛達が集めてるみたいで、
なんか知らないかって聞かれたんだけど
俺も答えられなくてさ。
も:僕、知ってるかもしれない……
春:おいおい、まじかよ?
も:中庭に花壇があるじゃん?
2年前から1年中、
花が咲くようになったんだって。
春:なっ!ひとりでに花が?!
優:それ、七不思議じゃないから。
も:なんで断言できるの?
優:2年前に、廃部寸前だった園芸部に
綾瀬が入ったんだってさ。
それ以来、あいつがせっせと
花壇の世話をしてるんだと。
も:そうなんだ。ゆっきーが……。
春:なら、これはどうだ?
明智先生の白衣のポケットは……
出しても出しても、
途切れる事無く、飴が出てくるらしい……
も:それ、笑えないんですけど……
優:あの人、絶対健康診断引っかかってるだろ
春:どうだ?ゾゾッて来たろ?成功だな!
よし!この調子で夏樹達にも聞いてみようぜ
も:あ、あか、あかりん達に?!
優:もちた、慌て過ぎ。
春:美桜から、特にメールも来てなかったし、
今日も最終下校時刻まで残ってると思うぜ?
優:へぇ~?
春:なんだよ、人の顔見てニヤニヤすんな!
優:いや、相変わらず仲がいいんだなって思ってさ
春:そうか?普通だろ?
も:あ~、あのさ!
僕、今朝寝癖あったんだけど直ってるかな?
優・春:今頃?!
春:お前ら、同じクラスなんだし、
寝癖が残ってたなら、
とっくに見られてんだろ。
も:えっ!やっぱり寝癖ついてた?!
優:ついてない、ついてない。
とにかく、行くならさっさと行くぞ。
00:00
03:28