<ボイスドラマ>放課後トーーク!回答編?

(戸を開ける音)
優:夏樹、ちょっといいか?
夏樹:いぇー!ちょうどよかった!
私たちも聞きたいことがあったんだ!
優:聞きたいこと?何だよ?
課題のことなら……。
(春輝が優にぶつかる)
優&春:うわぁ!
春輝:優、いきなり立ち止まるなよ!
蒼太:何?どうしたの?
優:あ、あれ?
蒼太:おん?ほぁ!スイカの……山?
春輝:ほらな、もちた!
手土産いらなかっただろう!
夏樹:手土産?言っておくけど、
これは美術部のだからね!
春輝:そうは言っても、
こんなにあったら、
食べきれないだろう!
俺たち映画研究部も協力してやるって!
蒼太:そういう問題じゃなくない!
何で美術室に大量のスイカか?
美桜:このスイカ達は町内会からもらったんです。
夏祭りのポスターを描いたお礼にって。
優:それで……デッサンの練習に…使うか?普通?
夏樹:描いてよし、
食べてよしがスイカだよ!
優:へぇー。
美桜:球体って、意外と描くのが難しいんですよ。
それに、スイカはそれぞれ微妙に模様も違うし、
いい練習になるかなって。
優:おう、なるほど。
夏樹:その反応の差はー?!
春輝:夏樹、そこまでにしておけよ。
傷口に塩を塗るようなもんだろう!
夏樹:そ、そんなぁー!
スイカだけに?
春輝:そういうことに……
なるんだろうな。
蒼太:二人してどや顔してるけど、
上手いこと言えてないからね!
むしろ寒いからね!
あかり:そうでした!寒い話!
瀬戸口君たち、
七不思議って、
聞きいたことありますか?
優:っていうか、
俺たちもそれが聞きたくて来たんだ。
夏樹:優たちも?あっ、そっか!
雛ちゃんに言われたの?
私も虎太郎に聞かれたんだけど、
なかなか答えられなくて。
優:まぁ、今時七不思議っていうのもなぁ。
蒼太:いいじゃん!
故きを温ねて新しきを知るっていうし。
(パンー!)
全員:うわぁっ!
夏樹:びっくりした。何音?
美桜:ドアに何かぶつかったみたいだったけど……。
…………
あかり:……何ともないね。
風だったのかな?
(戸を開ける音)
全員:うわぁー!
あかり:明智先生?
優:ほぇー!何だよ!
春輝:ぷっへぇー!
ドアに顔ぶつけたのかよ!
鼻真っ赤になってんじゃん!
(優:ぶっはははー!)
咲:あのねぇ。
そこは心配するどころでしょうか?
夏樹:ほ、本当に明智先生だ。
蒼太:足も……よかった!
ちゃんとある。
咲:何の話?
もしかして、俺のこと
幽霊か何かと思ったの?
夏樹:だって-!
タイミングが良すぎたんだもん!
咲:あっ、そうそう!
故きを温ねて新しきを知る、
訳して温故知新。
中国の思想家
孔子が喋って内容を
弟子たちが纏めた論語っていう書物に登場する言葉です。
夏樹:そ、そうなんだ?
咲:うん!
夏樹:ええと、それだけ?
咲:うん!たとえ放課後であろうとも、
大事な生徒さん達の知識を満たしあげようっていう先生心だよ。
春輝:つーか、
明智先生は古文担当だろ?
今の漢文じゃん?
咲:担当はそうだけど、
勉強の時には漢文も教えられるんです。
春輝:屁理屈がやってぜぇ!
優:はいはい!そこまで!
明智先生、
本当にほかには用いないですか?
咲:ほかに?……
あ、そうそう!
機材のトラブルで、
校内放送は使えなくなっちゃってるんだよ。
美桜:校内放送か?
あ!下校時間!
咲:合田さん、正解。
そういうわけだから、
君たちも帰る支度しなさいね。
あと10分もしたら、
校門は鍵かけられちゃうよ。
春輝:それを早く言え!
咲:へははは!
ごめんごめん!
それじゃ、また明日ね。
(戸を閉める音)
あかり:そういえば、
明智先生って、
いつもタイミングよく現れるよね。
夏樹:え?!何?!
エスパー?!
美桜:明智先生こそ、
桜丘高校の七不思議なのかも。
蒼太:先生自体、謎の存在だしね。
(咲:学園七不思議ねぇー。
何時の時代にもあるだなぁー。)
全员:へはははぁー!
夏樹:そっか!
春輝:へはは!それじゃ、
スイカは一人一玉ね!へぇ
夏樹:ちょっと!本気で持って帰る気?!
蒼太:僕たちはともかく、
女子には厳しいんじゃない?
美桜:と言うか、
それは美術部はもれったものなので。
あかり:でも、確かに、
この量は食べきれないようね。
準備室の冷蔵庫にも入れきないし……。
夏樹:なら!
職員室と家庭科室のもかけようよ!
で、毎日ちょっとずつ食べていこう!
優:なーつーきー!
喋ってばっかいないで、
手も動かせって!
クロッキー帳は?
何処にしまうか?
夏樹:あははは!
優、お母さんみたい!
優:むへぁ!笑い事じゃない!
全员:へはははぁー!
(咲:青春、いいねえ。)
(終わり)
00:00
05:28