哀しみのバラード

北へ北へ北へ行く船の
汽笛さえも遠の行くよ
町を町を町を追われて
涙ぐんでた哀しい友よ
やさしさにあこがれたおまえは
命かけて戀していたね
だけどだけどだけど傷つくものは
おまえの人生でしかなかった
自分を捨てる場所もないだけの
破れてゆく最後の夢だった
お前が殘したものは涙と
通り過ぎてく人の悲しさ
どこにどこにどこに行ったって俺は
お前のことを信じているさ
果てしない夢と自由の中で
生きてたことをいつまでもいつまでも
北に北に北に行く船の
汽笛さえも遠のくよ
涙涙涙流したけど
それでも生きてゆくだけ
00:00
03:06