今宵、月が見えずとも

今宵、月は何処を照らすの
厚い云に覆われた空
今宵、君は谁に抱かれているのか
雨に一人 泣こうか
すべてを分かり合えると思い
期待などした自分を耻じれば
太宰を手に屋上に上がり
この世などはと忧いてみせる
空につばを吐いたら
自分にかかった
旅人気取りでいたいくせに
迷い道回り道が嫌いで
雨风凌(しの)げる屋根の下で
Google検索で世界を见る
君に届かず 「爱の言叶」
今宵、月は何処を照らすの
厚い云に覆われた空
今宵、君は谁に抱かれているのか
雨に一人 泣こうか
こびりついた虚势(きょせい)と见栄(みえ)とが
强装颜面 恋爱ごとにまで颜覗(のぞ)かせ
离れゆく手を掴むことさえ
ひどく难しいことにさせた
会えなくなるとは 知ってたのに
今宵、月が见えないならば
云の切れ间(ま)ひたすら待とう
今宵、君が见上げた空には
月が见えているのだろうか
目指すなら荒野(こうや)がいい
无垢(むく)な光が见たい
嫌にもなるさ
自分自身
その正体
くだらないと啸(うそぶ)いてきて
何もかもを知った颜して
何も出来ない自分隠して
本当を失くした
见えない物を见ようとすれば
睑(まぶた)闭じる それだけでいい
君がここにいないとしても
今宵、月が见えずとも
00:00
04:14