シンデレラベイビー

ふたつ並んだ小さい足跡
少し遠回りの夜の街角
お別れのバス停から経つと
君はまた新しい歌を歌うでしょう
夢の中 ふたりは踊った
わたしはまるでシンデレラ
時間を忘れて 魔法が消えるまで
魔法が消えるまで
魔法が消えるまで
もうすぐ時計は上を向く
涙を堪えて
手を伸ばす程 君に届かない
明日の君にグッバイ
ひとつ残った夢の角砂糖
苦いコーヒーにそっとかき混ぜよう
思い出もそう 悔いのカケラも
きっとまた新しい歌に変わるでしょう
夢が醒め 虹色の恋も
カボチャの馬車もないけれど
なぜかしら どうして魔法が消えてないの
あの夜からずっと
魔法が消えてないの
魔法が消えてないの
ああ 今はわたしも上を向く
涙を堪えて
手を伸ばす程 君に届かない
明日の君にグッバイ
明日の君にグッバイ
00:00
03:33