Runner

雨を避けた口ッ力ールームで君はすこしうつむいて
もう戻れはしないだろうといったね
瞳の中風を宿した悲しいほど誠実な
君に何をいえばよかったのだろう
かげりのない少年の季節はすぎさってく
風はいつも強く吹いている
走る走る俺たち流れる汗もそのままに
いつかたどり着いたら君にうちあけられるどろ
グランドに忍び込んで芝生の上寢転んで
星の数をかぞえて眠ったあの頃
かかえきれぬ思いを胸に
君は軽くほほえんでふり帰らずこの部屋を出て行くのか
飾りのない少年の心は切りさかれて
夢はいつも遠くみえてた
走る走る俺たち流れる汗もそのままに
いつかたどり着いたら君にうちあけられるどろ
たとえ今は小さく弱い太陽だとしても
言葉もない俺たちひどく熱かった日の夕だち
かげりのない少年の季節はすぎってく
風はいつも強く吹いてる
走る走る俺たち流れる汗もそのままに
いつかたどり着いたら君にうちあけられるどろ
たとえ今は小さく弱い太陽だとしても
言葉もない俺たちひどく熱かった日の夕だち
走る走る俺たち流れる汗もそのままに
いつかたどり着いたら君にうちあけられるどろ
たとえ今は小さく弱い太陽だとしても
言葉もない俺たちひどく熱かった日の夕だち
Created by 山下林瞳
00:00
04:48