浪漫鉄道(蹉跌篇)

名前も知らない駅の
ホームで雪を见ている
枕木に落ちた梦の
迹を数えながらいま
右のレールは东京の街まで続く
左のレールは故郷のなつかしい街へと
挫折と憧れだけ
震えながら抱きしめた
线路の轧みは似てる
旅人の叫び声に
出逢いはいつも悲しい
别离の时を思えば
老人がつぶやいていた
人生は皆くだかった
右のレールは无残な梦へのいさない
左のレールはささやかな幸福のいさない
挫折と憧れだけ
震えながら抱きしめた
线路の轧みは似てる
旅人の叫び声に
挫折と憧れだけ
震えながら抱きしめた
线路の轧みは似てる
旅人の叫び声に
挫折と憧れだけ
震えながら抱きしめた
线路の轧みは叫び
戸惑う汽车は旅人
00:00
04:18