二人静

“きっと、爱しすぎたから…”
散り急ぐ花びらを时间(とき)の背中に
サヨナラと并べてる指がいじらしいね
杀(あや)めたいくらい爱しすぎたから…
添い寝して 永远に抱いていてあげる
いい梦を见なさいな うたかたの梦を
夜樱がさわぐ
幸薄い蜉蝣(かげろう)の衣(きぬ)を脱ぐように
凛とした生き方の自分を见せたくて
焦がれそうなほど哀しすぎたから…
添い寝して 三日月を枕に眠れば
魂は苏って火の鸟に变わる
天の川キラリ
杀(あや)めたいくらい爱しすぎたから…
添い寝して 运命に寄り添ってあげる
冷えきった掌(てのひら)を胸に押しあてて
あたためて
添い寝して 永远に抱いていてあげる
いい梦を见なさいな うたかたの梦を
夜樱がさわぐ
00:00
04:09