少女A

上目使いに 盗んで見ている
蒼いあなたの 視線がまぶしいわ
思わせぶりに 口びるぬらし
きっかけぐらいは
こっちでつくってあげる
いわゆる普通の17歳だわ
女の子のこと知らなすぎるのあなた...
早熟なのは しかたないけど
似たようなこと 誰でもしているのよ
じれったい じれったい
何歳に見えても 私 誰でも
じれったい じれったい
私は私よ 関係ないわ
特別じゃない どこにもいわる
ワーターシ 少女A
頬づえついて あなたをえ想ば
胸の高鳴り 耳があゝ熱いわ
鏡に向って 微笑みつくる
黄昏れ時は 少女を大人に変える
素肌と心は ひとつじねゃないのね
ルージュの口びる かすかに震えてるわ...
他人が言うほど ドライじゃないの
本当は臆病 分ってほしいのあなた...
じれったい じれったい
結婚するとか しないとかなら
じれったい じれったい
そんなのどうでも 関係ないわ
特別じゃない どこにもいるわ
ワーターシ 少女A
じれったい じれったい
何歳に見えても 私 誰でも
じれったい じれったい
私は私よ 関係ないわ
特別じゃない どこにもいるわ
ワーターシ 少女A
00:00
03:30