大丈夫ほら 七色の橋
やっと同じ空の下で 笑えるね
靴紐を結びなおす時
風が僕らの背中を押す
空がこぼした光の向こうに
あのユメの続きを描こう
左胸の奥が高鳴る
期待と不安が脈を打つ
本当に大丈夫かな
全て乗り越えてゆけるかな\r
大丈夫だよ 見上げれば もう
大丈夫ほら 七色の橋
涙を流しきると 空に架かる
ねぇ見えるでしょ はるか彼方に
僕にも見える 君と同じの
二つの空が いま一つになる
やっと同じ空の下で 笑えるね
別々の空を待って生まれた
記憶を映し出す空
君には君の物語があり
僕の知らない涙がある
もしかしたら僕が笑う頃に
君は泣いてたのかもしれない
似たような喜びはあるけれど
同じ悲しみはきっとない
「約束」で未来を縁取り
コトバで飾り付けをする
君は確かな明日を きっと 誰より 欲しがってた
巡る季節のひとつのように
悲しい時は 悲しいままに
幸せになることを 急がないで
大丈夫だよ ここにいるから
大丈夫だよ どこにもいかない
まだ走り出す時は 君といっしょ
「涙のない世界にも
その橋は架かりますか?」
壁に刻まれた落書きは
ダレカの字によく似てた
悲しみを遠ざけることで
君は 橋を架けようとした
けれど 今 傘を捨てて 目をつぶる
だいじょうぶ
大丈夫だよ 見上げればもう
大丈夫ほら 七色の橋
涙を流し終えた君の空に
ねぇ見えるでしょ 色鮮やかに
僕にも見える 君と同じの
絆という名の虹が架かったね
そして
二つの空がやっと やっと 一つになって
僕らを走らせるんだ
00:00
05:39