男と女

誰(だれ)もが一(いち)度(ど)はひき返(かえ)す道(みち)
二人(ふたり)でここまで歩(ある)いて来(き)たのに
あなたの心(こころ)が足(あし)をとられて
冬(ふゆ)の坂道(さかみち)ころがりはじめた
ふるえる肩越(かたご)しにあなたのさよなら
背(せ)中(なか)で泪(なみだ)をかくす私
あなたの愛(あい)をもっとぬくもりをもっと
あふれるほどに
あなたの愛をもっとぬくもりをもっと
感(かん)じていたかった
言葉(ことば)ひとつにうなずいたのは
あなたが望(のぞ)む别(わか)れだから
心(こころ)の支(ささ)えはいつの時代も
男(おとこ)は女(おんな)女は男
あなたを信(しん)じてささやかな夢(ゆめ)
積み上げ(つみあげ)たのは女の私
幸(しあわ)せだったと最(さい)後(ご)に言わせて
せめてさよならは飾(かざ)ってみたい
あなたの愛をもっとぬくもりをもっと
あふれるほどに
あなたの愛をもっとぬくもりをもっと
感(かん)じていたかった
あなたの愛をもっとぬくもりをもっと
あふれるほどに
あなにの愛をもっとぬくもりをもっと
感じていたかった
心の支(ささ)えはいつの时代(じだい)も
男(おとこ)は女(おんな)女は男
00:00
04:23