何も言えなくて…夏

作词 :知久光康
绮丽な指してたんだね 知らなかったよ
となりにいつもいたなんて 信じられないのさ
こんなに素敌なレディが俺 待っててくれたのに
“どんな恼みでも打ち明けて”そう言ってくれたのに
时がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように导くのなら
二人して生きることの 意味をあきらめずに
语り合うこと 努めることを 誓うつもりさ
“私にはスタートだったの。あなたにはゴールでも”
泪浮かべた君の瞳に
何も言えなくて まだ爱してたから…
もう二度と会わない方が いいと言われた日
やっと解った事があるんだ 气づくのが迟いけど
世界中の恼み ひとりで背负ってたあの顷
俺の背中と话す君は 俺よりつらかったのさ
时がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように导くのなら
水のように 空气のように 意味を忘れずに
あたりまえの 爱などないと 心に刻もう
短い夏の终りを告げる 波の音しか闻こえない
もうこれ以上 苦しめないよ
背中にそっと“さよなら…”
时がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように导くのなら
二人して生きることの 意味をあきらめずに
语り合うこと 努めることを 誓うつもりさ
“私にはスタートだったの。あなたにはゴールでも”
泪浮かべた君の瞳に
何も言えなくて まだ爱してたから…
終わり
00:00
05:28