思い出に手を振って

作词 :知久光康
ガラス窓に雨が流れる
雨宿りのつもりのこの店で
向かいの歩道に
見つけるなんて 君を
誰かを待ってる雨の中
今じゃ何も知らない君の事
でももう君は誰も
求めてなんかないね
思い出
君の中にはどんな
俺がいるのか
それとも もういないのか
時は流れ 胸に刻まれた
悲しみもいつか 消えたけど
失くしたものが 綺麗に見えるよ
心を風が ちょっと吹き抜けたよ 今
ドアを開けた誰かの声じゃ
外はひどく冷たい風らしい
背を向けてたけど
気になるんだ 窓の外
振り向けばもう君の傘と
手をつないで弾む小さな傘
微笑んでたよ 俺も
寂しいくせに なぜか
思い出
静かに錨を上げて
心の彼方へ
俺に手を振るように
時は流れ 胸に刻まれた
悲しみもいつか 消えたけど
失くしたものが 綺麗に見えるよ
心を風が ちょっと吹き抜けたよ 今
00:00
04:15