心の钟を叩いてくれ

詞:MITSUYASU TOMOHISA
曲:HIROSHI SUGITA
まるで無限の時間の中に
はじけて消える泡が俺なら
どれほど人を愛せるのだろう
たとえそれが誰か一人でも
心の鐘を叩いてくれ
胸の奥まで揺さぶるように
命はきっとそのためにある
生まれた意味を知るため
まだ見ぬ何か
その日のために
生きてゆくなら
なにも恐れはしない
明日のドアを
叩きつづける
忘れかけた夢にまた会うまで
コインを投げて決めた道に
あれこれ理由はひねったけれど
言葉は後からついてくるだろう
歩きつづけるのさ俺は
まだ見ぬ何か
その日のために
生きてゆくなら
なにも迷いはしない
明日はきっと
そのためにある
なくしかけた夢にまた会うため
心の鐘を叩いてくれ
俺は涙を隠しはしない
涙はきっとそのためにある
生きている意味を知るため
まだ見ぬ何か
その日のために
生きてゆくなら
なにも恐れはしない
明日のドアを
叩きつづける
忘れかけた夢にまた会うまで
まだ見ぬ何か
その日のために
生きてゆくなら
なにも迷いはしない
明日はきっと
そのためにある
なくしかけた夢にまた会うため
まだ見ぬ何か
その日のために
生きてゆくなら
なにも恐れはしない
明日のドアを
叩きつづける
忘れかけた夢にまた会うまで
00:00
06:47