雨粒人鱼姫

雨粒人魚姫
Arrangement:小狐丸
Lyrics:睦鬼
Vocal:睦鬼
窓を叩く雨音でふと目を覚ましたら
水の中にいるようなまだ明け方のブルー
どこか噛み合わない歯車錆びた言い訳
海の底でもがいてる重い鉛の鱗
そうだ あの日 全てを捨てても欲しかった
何を引き換えに差し出したって
痛む足を引き摺り貴方に駆け寄った
きっと私は、まるで人魚姫
分けて欲しいその愛しさを静かに寄り添うから
海に浮かぶ月を揺らすように優しい歌を歌っていて
青い傘は水槽みたい閉じ込められた
魚たちは泳げない息も出来ずに浮かぶ
そうだ あの日 全てを失って気づいた
何も叶えられないとしたなら
貴方の血を浴びて海へと帰ればいい
だけど私は、ここを動けない
眩しくて目を逸らしたのはありふれた恋だから
濡れた足は何処にも向かえずにただ
震えているだけなのに
分けて欲しいその愛しさを静かに寄り添うから
海に浮かぶ船を沈めるように嗚呼、降り注げはいい
涙はやがて泡に溶けて光の粒と成って
あの空へと昇って行けるからもう貴方を忘れられるの
00:00
04:51