TSUNAMI

风に戸惑う弱気な仆
通りすがるあの日の幻影(かげ)
本当は见た目以上
涙もろい过去がある
止めど流る清(さや)か水よ
消せど燃ゆる魔性(ましょう)の火(ひ)よ
あんなに好きな女性(ひと)に
出逢う夏は二度とない
人は谁も爱求めて
闇に彷徨(さまよ)う运命(さだめ)
そして风まかせ Oh' My destiny
涙枯れるまで
见つめ合うと素直にお喋り出来ない
津波(つなみ)のような侘(わび)しさに
I know' 怯(おび)えてる Hoo...
巡り逢えた瞬间(とき)から魔法が解けない
镜のような梦の中で
想い出はいつの日も...雨
梦が终わり目醒める时
深い闇に夜明けが来(く)る
本当は见た目以上
打(う)たれ强い仆がいる
泣き出しそうな空眺(なが)めて
波に漂(ただよ)うカモメ
きっと世は情(なさ)け Oh'Sweet memory
旅立ちを胸に
人は涙见せずに大人になれない
ガラスのような恋だとは
I know...気付いてる'Hoo...
身も心も爱しい人しか见えない
张(は)り裂(さ)けそうな胸の奥で
悲しみに耐(た)えるのは何故?
见つめ合うと素直にお喋り出来ない
津波(つなみ)のような侘(わび)しさに
I know... 怯(おび)えてる Hoo...
巡り逢えた瞬间(とき)から死ぬまで好きと言って
镜のような梦の中で
微笑みをくれたのは谁?
好きなのに泣いたのは何故?
想い出はいつの日も...雨
00:00
05:16