Zillion Lights

その眼に何を映すだろう
一夜限りの世界が今
心を包んでゆくなら
答えが見つからない 今は
夜空に問いかけてみても
散りばめられたそのピースは
あと一つだけ残して
この闇のどこかに答えを隠し続ける
煌く 見たこともない光
怖れるなら遠ざかって
悔やむ言葉も虚しく消え
それが何かもわからずに
転がり落ちる現実から
辿り着く忘却の地は
望みさえも洗い流し
続いてゆく時の果てへ
それでも追い続ける 理由は
ただの好奇心で… だけど
置き去りにしたままでは
逃げ出すことも出来ない
この胸の高鳴り
抑えずに向かってゆく
揺らめく 幻へと続く道
怖れずに翔け抜けてゆけ
眼を凝らして見つめた先に
真実が訪れるなら
たとえそこに求めたものが
ないとしても構いはしない
この夜空に軌跡残し
結末へと近付いてく
光巡る星空は
その眼に何を映すだろう
一夜限りの世界が今
心を包んで
煌く 見たこともない光
近付けば輝き増して
届かない手をただ伸ばして
触れたいと願えばそこに
吹き抜けてゆく闇夜の風
辿り着く孤独の空に
次の夢を追い求めて
飛び立てる 再び
彼方へ
00:00
03:50